単騎独考

切れるカミソリではなく、切れなくてもナタでありたい。

ハリウッドを目指す

「小さくても勝てます」は今、国内のマーケティングでつっかえている。出版社は売りたくないのかもしれないし、単に売れない本なのかもしれない。もう少しで出版から一年になる。一年間は兎に角やりきる。初版か日本での映像化、続編、漫画化、続編の漫画化とある。日本で任せるべきことはお願いし、ハリウッドを目指します。

———————-

さかはらあつし 1966年生まれ、京都大学経済学部卒、電通を経て、カリフォルニア大バークレー校にてMBA取得後、シリコンバレーベンチャー企業に。その時、MBA時代に参加した映画がカンヌ映画祭短編部門でパルムドール賞受賞、帰国。経営コンサルタント、作家、映画監督、「小さくても勝てます」(ダイヤモンド社)。