単騎独考

切れるカミソリではなく、切れなくてもナタでありたい。

題材に出会う。

随分以前から、丹羽文雄の原作から映画を一本作りたいと思っていた。

 

丹羽文雄浄土真宗の寺に生まれた作家だ。

 

宗教と向き合った作家だ。しかし、時代がなかなかあわないので苦労していた。

 

すると、題材が向こうから飛んで来た。

 

取材はできた。

 

題材に出会えて良かった。