単騎独考

切れるカミソリではなく、切れなくてもナタでありたい。

役仁立三シリーズの連載をしたい。

拙書「小さくても勝てます」(ダイヤモンド社)を世界に届け、経営知識の格差を少しでもできないかと模索しています。

 

もう一つのこの本の使命は、自然と文化の豊かな国、日本の社会、人、産業、文化を世界に映像を通じて紹介する「仕組み」を作ることです。

 

そのことは、ダイヤモンドオンラインに「ご当地映画の原作本」で書きました。映画の原作にするには、「経営理論」「経済理論」の切れ味を実証する必要があるなと思いました。

 

そうすればフィクションの続編を書いたとしても信憑性が担保されるのではないかと考えました。「小さくても勝てます」はそういう狙いがあるので、コッテリと「経営理論」「経済理論」を紹介する本にしました。

 

「経営理論」「経済理論」という点ではもう少し薄めたエンタメ小説、漫画原作としての「小さくても勝てます」の続編、役仁立三シリーズの連載をしたいと希望しています。書き下ろしではなくて連載をしたいのです。みなさま、よろしくお願い申し上げます。