単騎独考

切れるカミソリではなく、切れなくてもナタでありたい。

逆境を跳ねのける

ドキュメンタリーは根本的に座組みの作り方が間違っていました。

 

投入された編集マンも配給会社も不適切でした。

 

で、一人で一から取り組んでいます。

 

クラウドファンディングしての失敗が全てに重くのしかかっています。

 

何をやっても、ドキュメンタリーが完成していないと言われてしまうからです。

 

で、別の企画の経営啓蒙的な出版を急いでいます。

 

ここから自力突破するよりありません。