単騎独考

切れるカミソリではなく、切れなくてもナタでありたい。

ドキュメンタリー制作の経緯を書きます。

このドキュメンタリーの制作過程についてはそのうちまとめ小説か手記として発表したいと思います。

 

映画の完成後でしょうか。公開のタイミングでしょうか。

  

雑誌にはオファーを受けたこともありましたが、見送っていました。

  

私は不完全ですし、全ての批判は受ける覚悟あります。

 

それをさらけ出すのが作家の仕事だと思います。